▲TOPへ戻る
サービス利用の手順

介護(介護予防)サービス利用の手順


要介護1~5と認定された方は、居宅サービスや施設サービスを利用できます。

要支援1・2と認定された方は、介護予防サービス等を利用できます。

自分らしく、できるだけ自立した暮らしができるようケアプランを作成し、サービスを利用します。



居宅生活を希望の方

①居宅介護支援事業所に連絡します

居宅介護支援事業所一覧



②居宅介護支援事業所を決めます

事業所のケアマネジャーと、今の生活で困っていることや、これからどのような生活を送りたいと思っているかなどについて話し合い、契約する事業所を決めます。



③ケアプランを作成します

介護サービスをはじめ、様々な支援をケマネジャーとともに相談し、自分に合ったケアプランを作成します。
居宅サービスの種類



④居宅サービスを利用します

サービス事業者と契約します。契約の際は、サービス内容や料金などをよく確認しましょう。

ケアプラン・個別援助計画(サービスごとの計画)にそって、必要な援助を受けながら、自分らしい生活を送りましょう。



施設入所を希望の方

①介護保険施設に連絡します

施設サービスの種類

施設一覧



②申し込む施設を決めます

施設を見学したり、利用料金について検討してから、施設に直接、入所を申し込み、契約します。



③ケアプランを作成します

施設のケアマネジャーと相談し、ケアプランを作ります。



④施設サービスを利用します

ケアプランにそって必要な援助を受けながら、施設の中で自分らしい生活を送りましょう。







①高齢者あんしん相談センターに連絡します

お住まいの地域を担当する高齢者あんしん相談センターに連絡します。



②職員と面談します

高齢者あんしん相談センターの職員と、今の生活で困っていることや、これからどのような生活を送りたいと思っているのかなどについて話し合い、契約します。



③介護予防ケアプランを作成します

介護予防サービスをはじめ、様々な支援を高齢者あんしん相談センタ-の職員または委託先の事業所のケアマネジャーと相談し、自分に合ったケアプランを作成します。



④介護予防サービス等を利用します

サービス事業者と契約します。契約の際は、サービス内容や料金などをよく確認しましょう。

介護予防ケアプラン・個別援助計画にそって、必要な援助を受けながら、自分らしい生活を送りましょう。


ケアプランとは?

利用者の健康状態や日常生活動作、家族状況等を把握し、生活全般の解決すべき課題や目標を立て、様々なサービスを適切に組み合わせて利用していく援助計画のことをいいます。ケアプランがなければ介護保険のサービスを利用することができません。



居宅介護支援事業所とは?

介護保険の専門家であるケアマネジャーがいる民間の機関です。



ケアマネジャーとは?

正式名称を「介護支援専門員」といい、利用者の自立を支援するために、利用者の心身の状況、環境、解決すべき課題等を分析し、医師やサービス事業者等の意見、利用者や家族のニーズ等を考慮して、ケアプランを作成します。



高齢者あんしん相談センター(地域包括支援センター)とは?

地域住民の保健・医療の向上、虐待防止、介護予防マネジメントなどを総合的に行う機関です。




八王子市のホームページ
介護なびタウン
営業応援